フォト

ウェブ

無料ブログはココログ

« 外傷性頚部症候群 | トップページ | 下腿の伸筋 »

2005年7月12日 (火)

脳と足は離れているが…

脳内血流の指標として眼底の血管の太さの経時的変化を指標にしてCVA後の鍼灸マッサージの効果について研究している人達が全日本鍼灸学会で発表されたことですが、鍼刺激に対して脳卒中後の患者は健常者に比べて血管拡張の反応性が良く、鍼を受ける側によって鍼の効果が変わるということ、触圧覚では上肢より下肢の刺激で脳血管拡張にはやく影響があり、下肢の陽経三本が頭部を流注しているという古典に基づいています。
漢方薬の十全大補湯は酒と混ぜると養命酒と…これも、薬効を受ける側の状態によって合剤中の生薬の働きが変わります

« 外傷性頚部症候群 | トップページ | 下腿の伸筋 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7421/4939673

この記事へのトラックバック一覧です: 脳と足は離れているが…:

« 外傷性頚部症候群 | トップページ | 下腿の伸筋 »