フォト

ウェブ

無料ブログはココログ

« 臨時休業のお知らせ | トップページ | 膝OAにおける半月板変性断列像 »

2005年9月 5日 (月)

頚部腰部膝部の慢性の痛み

整形外科領域で他覚所見にもかかわらず長期間にわたって痛みを訴える患者に対して、質的量的情動的面から評価して検討を加えると慢性の痛みは個人の主観的体験であるとされ、すべての例で心因性要素が内在している。三ヶ月以上持続する痛みは感情的情動的因子が強くなる傾向がある。痛みの持つ体制感覚的要素と情動的要素と相互に関連している。罹病期間が長期になるほど神経症的傾向が強まる。このような症例には痛みに対する治療と共に抗不安薬投与や本人の自発性を促す筋力訓練を中心とした理学療法を積極的に追加する。

« 臨時休業のお知らせ | トップページ | 膝OAにおける半月板変性断列像 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 頚部腰部膝部の慢性の痛み:

« 臨時休業のお知らせ | トップページ | 膝OAにおける半月板変性断列像 »