フォト

ウェブ

無料ブログはココログ

« 鍼の効果NIH 米国立衛生研(1997) | トップページ | SLRの注意事項 »

2005年10月27日 (木)

痛をもって癒となす( 黄帝大経)

病気の本質にせまるとお手上げになる。鍼灸の立場は病人を多彩な苦痛症状の集合体ととらえ一連の症候群の苦痛の軽減緩和をもってことにあたる。今の苦痛がどんな病気に由来するにしても、痛みを緩和しコリを緩め冷えを緩和することが再優先課題です。苦痛の除去に成功するともともとの生態の歪みが補正されて快適な日常生活をエンジョイできます。この生態の歪み方のパターンを傾向を探りある程度のパターンを認識する。生態にとって不利な力が加わり続けると痛みコリ冷えやつれ機能低下などが生じます。これらの症状の持続集積が病となる

« 鍼の効果NIH 米国立衛生研(1997) | トップページ | SLRの注意事項 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 痛をもって癒となす( 黄帝大経):

« 鍼の効果NIH 米国立衛生研(1997) | トップページ | SLRの注意事項 »