フォト

ウェブ

無料ブログはココログ

« 頚椎椎間関節の放散痛 | トップページ | 椎間板ヘルニアに罹りやすい人 »

2005年12月19日 (月)

西洋医学と東洋医学

東洋医学概論という科目がある。陰陽論、五行論等…現代人には受入がたい事がある。例えば、西洋医学は自然科学、東洋医学は自然哲学…自然哲学で病気が治せるのかと疑問にもったものだ。鍼のような金属性の物質は形のある目に見える物で科学的に存在しているものが形の無い自然哲学とどのように結び付くのかとおもえる。ただ、1000億個の脳細胞の錯覚の中で生活し、脳と身体の関係が見直されてきている昨今、また、未だ多くの鍼灸師が古典的手法を行っていてるのも効果があるからなのだろう。(不思議な文章になってしまった。)

« 頚椎椎間関節の放散痛 | トップページ | 椎間板ヘルニアに罹りやすい人 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西洋医学と東洋医学:

« 頚椎椎間関節の放散痛 | トップページ | 椎間板ヘルニアに罹りやすい人 »