フォト

ウェブ

無料ブログはココログ

« 透析患者とカリウム | トップページ | 免疫と鍼灸 (説) »

2006年7月30日 (日)

胃潰瘍・胃炎顆粒球説

ストレスによって交感神経緊張状態が引き起こされる。その結果、顆粒球増多によって粘膜破壊が起こる。顆粒球が胃全体に満遍なく薄く集まると胃炎になる。ストレスが慢性的に続いた時は慢性胃炎に、急な場合は急性胃炎になる。顆粒球は過剰に集まると一箇所に集められて外に放出される傾向があるので潰瘍になる。

« 透析患者とカリウム | トップページ | 免疫と鍼灸 (説) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 胃潰瘍・胃炎顆粒球説:

« 透析患者とカリウム | トップページ | 免疫と鍼灸 (説) »