フォト

ウェブ

無料ブログはココログ

« 免疫と鍼灸 (説) | トップページ | 東洋医学だけが個別の診断治療を行うのではない »

2006年7月31日 (月)

免疫と漢方薬(説)

苦みのある食べ物や酢やアルコール等栄養にならない酸化物を少量とることと同じ効果がある。これらによって体に役に立たない物を外に出そうとする副交感反射を誘発させる。副交感神経反射は体の部位によって色々な反応を起こす。嘔吐や咳、下痢も有害な物を体の外に出そうとする排泄反射であるし発熱やほてりもそうである。だから、漢方薬にも色々な種類がある。それらの薬がどの部位にどういう病気に効くのかについての知識はどこに強く副交感神経反射が現れているのかを経験的に知ることによって培われて来たのであるそうだ。

« 免疫と鍼灸 (説) | トップページ | 東洋医学だけが個別の診断治療を行うのではない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 免疫と漢方薬(説):

« 免疫と鍼灸 (説) | トップページ | 東洋医学だけが個別の診断治療を行うのではない »