フォト

ウェブ

無料ブログはココログ

« 腹臥位での腰痛の検査 | トップページ | モートン病 »

2008年3月31日 (月)

中府への刺鍼

静脈刺鍼をさけるには上腕骨外旋位で胸を張った状態で取穴することが望ましい。
解剖姿位では外上方に位置する三角筋や撓側皮静脈が正面に来てしまうからです。

« 腹臥位での腰痛の検査 | トップページ | モートン病 »

体幹」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中府への刺鍼:

« 腹臥位での腰痛の検査 | トップページ | モートン病 »