フォト

ウェブ

無料ブログはココログ

« 江川が引退試合に鍼をした場所 | トップページ | ローテータカフ断裂と棘下筋 »

2013年6月30日 (日)

血圧治療と少量の利尿剤

なかなか下がらない高血圧の治療で利尿剤が推奨されているかどうか
「少量の利尿剤」をキーワードにして検索してみました。

最初の十位までで、薬の広告やメーカー勉強会報告は覗きました。

★少量の利尿薬推奨組

6.まず少量の降圧利尿薬の追加 | 治療抵抗性高血圧 | 心臓・血管の話 - Dr.みやけの家庭の医学
ttp://www.miyake-naika.or.jp/05_health/kouketuatu/kouketuatu_09.html

くすりの勉強 -薬剤師のブログ-
ttp://yakuzaic.main.jp/archives/4272

★少量の利尿薬非推奨組

医療法人つくばセントラル病院|診療科のお知らせ
ttp://www.central.or.jp/sinryoka/jyunkanki/005.htm

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私の結論として、上の三つを読んで「光過敏症」という副作用が出なければ比較的安全な薬と考えました。
ARBと少量の利尿剤との配合剤で、血清K値が相殺される点と、少量にすることで、高尿酸血症、耐糖能の副作用を少なくしすぐれた降圧効果はあるとなりました。

また、他のホームページで、利尿剤を服用している人は認知症になりにくい、逆に血圧を下げすぎると認知症や目の病気になりやすいとも書いてありました。
このあたりになるときちんとした統計を取っていない、好ましい血圧が違う等難しい面がありました。

« 江川が引退試合に鍼をした場所 | トップページ | ローテータカフ断裂と棘下筋 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7421/57699863

この記事へのトラックバック一覧です: 血圧治療と少量の利尿剤:

« 江川が引退試合に鍼をした場所 | トップページ | ローテータカフ断裂と棘下筋 »