フォト

ウェブ

無料ブログはココログ

« T病院鍼灸部門での緑内障と鍼灸 | トップページ | 肩(鍼) »

2013年8月31日 (土)

テニス肘の程度と治療

こり程度の場合は筋力強化をはかります。
テニスの軟式ボールを肘を直角にし数十回握ります。
数日かけて痛みを感じなければ次第に肘を徐々に伸ばしてテニスの軟式ボールを握って筋力強化をはかります。
次にテニスの硬式ボールで筋力強化を行います。
作業やスポーツ練習ではサポーターは着用して負担を軽減させます。
治療院での鍼治療は当該筋肉に積極的に鍼を刺入し通電も行うこともあり適切な手技療法もします。
炎症を伴う場合は患部に負担をかけないようにします。
治療院の鍼治療は炎症部位を避けて周りに浅い鍼をします。
肘に障害がある場合には専門医にみてもらうのがよいです。
基本的に当治療院は全身マッサージを基本にしていますので、肘だけではなく腕全体や肩や頸(くび)背中にかけてもコリが出ていますのでほぐします。
当分の間サービス期間中です。
60分3800円→70分3800円
90分5700円→110分5700円です。
75歳以上の方はさいたま市で敬老マッサージ1000円割引券を配布していますので最寄りの区役所にお問い合わせください。

« T病院鍼灸部門での緑内障と鍼灸 | トップページ | 肩(鍼) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7421/58100734

この記事へのトラックバック一覧です: テニス肘の程度と治療:

« T病院鍼灸部門での緑内障と鍼灸 | トップページ | 肩(鍼) »