フォト

ウェブ

無料ブログはココログ

« プラザイーストにNHK ラジオ | トップページ | 鍼が大嫌いな人 »

2013年11月 7日 (木)

頚肩腕症候群

下風池は風池より一横指したにとり僧坊筋や胸鎖乳突筋に囲まれた逆三角形のへこんだところにとり、serizawa先生は、耳鳴りに左右の下風池を結んでパルスをしたそうです。
頚の可動域を広げるためにも使用します。
他には肩胛挙筋中央というツボがあり高さは第四頚椎の後ろにあるツボですがそれと肩井を結んでパルスをしている例もあります。
また、教科書にも載っている方法の第五・第六キョクトッキ間直側と合谷を結んでパルスをする方法は古いのですが実際の臨床で指のしびれに効果があるとのことです。週に2〜3回で2ケ月で指のしびれがとれたと講演の講師が言っていました。
手のしびれというのは、腕神経から脊髄を通って視床を通って大脳にしびれの感覚が伝わるわけですからこの道のどこかに原因があるわけですがキョクトッキ間直側は道からはずれていますが効果はあるのですね不思議ですが鍼にはこのようなことばかりでインフォームドコンセントでは戸惑います。

« プラザイーストにNHK ラジオ | トップページ | 鍼が大嫌いな人 »

頸肩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7421/58531746

この記事へのトラックバック一覧です: 頚肩腕症候群:

« プラザイーストにNHK ラジオ | トップページ | 鍼が大嫌いな人 »