フォト

ウェブ

無料ブログはココログ

« 年末年始休暇のお知らせ | トップページ | 自然食品の試供品の勧誘電話 »

2013年12月18日 (水)

ヒドロクロロチアジドと尿酸値

本日は、健康診断の結果を聴きに行きました。
その中で、尿酸が高いと言われましたが、去年の健康診断より高いのですね。
思い当たる点は、自分は、去年から高血圧の薬ミコンビを服用しているのですが、
その中にヒドロクロロチアジドという利尿剤が配合されているのですね。
それで、主治医に血圧の薬の交換を申し出ました。
これで、尿酸値が下がれば再現性があるということですが、ヒドロクロロチアジドの副作用を調べてもう一つ副作用が出ているかもしれないことに気づきました。
自分は、もともと目が悪いのですが、ここ一、二年見えにくいのですね。
明日から、ARBとCa拮抗剤との配合剤を飲むことになりましたので、尿酸値も下がり目も多少良くなれば幸いです。

********************************

ヒドロクロロチアジドの副作用

http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se21/se2132004.html

少量であれば、副作用はほとんどでません。飲み始めの体のだるさは、徐々に慣れてくるものです。

服用量が多いと、脱水を起こしたり血圧が下がりすぎて、強いめまいや立ちくらみを起こすことがあります。とくに高齢の人、また他の薬と併用するときに注意してください。

長期に多めの量を飲み続けると、血液中のナトリウムやカリウム分が減ってしまったり、逆に、カルシウム、血糖、尿酸値などが増えてくることがあります。定期的に血液の検査を受けることが大切です。

もし、日光にあたった部分に発疹ができたら、早めに医師に申し出てください。まれに光線過敏症を起こすことがあります。そのほか重い副作用はまずありませんが、再生不良性貧血が報告されているようです。念のため注意してください。


【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください ?再生不良性貧血..だるい、動悸、息切れ、発熱、喉の痛み、皮下出血(血豆・青あざ)や歯肉からの出血。
低ナトリウム血症..だるい、口が渇く、吐き気、嘔吐、意識もうろう、意味不明な言動、けいれん。
低カリウム血症..だるい、筋力低下(力が入らない)、便秘、動悸、脈の乱れ。
急性近視、閉塞隅角緑内障..急激な視力の低下、目が痛い、見えにくい、かすんで見える(光の回りに虹の輪)、充血、頭痛、吐き気。

【その他】 だるい、めまい、ふらつき、立ちくらみ
低カリウム血症(だるい、筋力低下、動悸、便秘)
血糖値の上昇、糖尿病の悪化
尿酸値の上昇、痛風の悪化(発作誘発)
発疹、光線過敏症

« 年末年始休暇のお知らせ | トップページ | 自然食品の試供品の勧誘電話 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7421/58778447

この記事へのトラックバック一覧です: ヒドロクロロチアジドと尿酸値:

« 年末年始休暇のお知らせ | トップページ | 自然食品の試供品の勧誘電話 »