フォト

ウェブ

無料ブログはココログ

カテゴリー「腰」の40件の投稿

2013年12月24日 (火)

腰痛の定義と分類

腰痛の定義と分類

腰痛の定義は、腰背部から殿部を主とした痛みやはり等の不快感を総称して腰痛と呼んでいます。
そして腰部の症状に加えて坐骨神経痛などの下肢の症状も含んでいます。

原因の可否による分類では、医師の診察や検査で特定できるものを特異的腰痛といい腰痛患者の15%を占めます。
腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、、椎対の圧迫骨折、、化膿性脊椎炎、がんの脊椎への転移、尿路結石、解離性動脈瘤などがあります。

原因が特定できないものを非特異的腰痛といい腰部に起因する痛みですが、神経症状や重篤な基礎疾患を有していないもので全体の85%を占めています。
筋筋膜性腰痛、椎間板性腰痛、変形性腰椎症、椎間関節性腰痛等があります。

時間の経過で分類する腰痛は、急性腰痛、慢性腰痛に分類されます。

急性腰痛は、発症から1カ月未満のもの、慢性腰痛は、発症から3か月以上のものです。
1から3カ月のものを亜急性腰痛と言います。
慢性腰痛には、間断なく痛むタイプと反復して痛むタイプがあります。

これらを組み合わせて、特異的急性腰痛、特異的慢性腰痛、非特異的急性腰痛、非特異的慢性腰痛に分けられます。

特異的急性腰痛に対しては、原因に対しての治療が行われ、非特異的急性腰痛には、局麻、NSAID等が、治療の中心になります。

非特異的慢性腰痛に対しては、鍼やマッサージ等の保存療法がおこなわれています。

非特異的慢性腰痛については生物心理社会的疼痛症候群といわれるように、患者さんの心理面情動面が関係しているといわれています。、

仕事に影響する支障をきたす慢性腰痛の危険因子には、仕事のやりがい、疼痛に対する恐怖心からの回避行動による慢性化、長期にわたる気分の落ち込みや楽しみがない抑欝気分等の精神的要素、性格的には怒りっぽい、自分の気持ちを抑えられないストレスを感じている人、痛みを我慢しながらも仕事に復帰できず完全に痛みが取れないと仕事に復帰できない完璧を求める人、治療への依存度が高く主体的にリハビリを継続できない、
いろいろな医療機関に行き異なる診断名で治療方針が異なり混乱していて次第に不満が起こってくる、24時間交代制や深夜労働などの労働条件、技術のない重労働者などの社会的階級、家族や社会の支援がない。

2013年12月22日 (日)

上臀皮神経性腰痛

上臀皮神経は下位胸髄〜上位腰髄の後枝末梢枝からなる感覚神経で腸骨稜近傍で胸腰筋幕をつらぬきます。
この部分で神経が筋幕に圧迫されるのが上臀皮神経障害です。
腸骨稜近傍を圧すると放散するシビレや痛みがでます。
腰痛性間欠性ハコウがあります。
骨粗鬆症やパーキンソン病での円背やストレート腰で起きやすくヘルニアに合併することもあります。
鍼灸マッサージでは、腰や臀部にシビレや痛みが再現する圧痛点に痛みやシビレが再現するような鍼(はり)をしたりします。
仙腸間接のあたりや腰方形筋や広背筋あたりにも責任部位があったりしますので置鍼します。
年輩の人にも多いです。
腸骨稜や仙腸間接付近の筋や広背筋や腰方形筋をストレッチやマッサージするのもいいでしょう。

2013年11月 8日 (金)

鍼が大嫌いな人

あんまの常連さんで鍼がきらいな人がいます。
理由を聞いてみると「昔々、腰に鍼をしてもらって脚がしびれてしばらく歩けなくなったから。」と言っています。
これはきっと鍼に対する誤解と思っています。
実は腰部ヘルニアで起きやすいことです。
ヘルニアは最初は腰痛から始まることがあります。
ついで脚への神経がしびれてくることがあります。
同時に足の筋力が落ちてツマサキ立ちやカカト立ちができなくなる場合もあります。
たまたまこの最初の課程で鍼をしたため、そこの鍼の先生はお客さんに攻められ整形に何ヶ月もつきそいをしたそうです。
こういったヘルニアの新鮮例にはこういった施術者のリスクがつきまといます。
しかし、治癒率の観点からいうと新鮮例は70%の治癒の可能性があります。
治りにくいのがブロック注射を受けた人です。
というのはブロック注射を受けた人というのは、あれもこれも外科治療も受けた人でヘルニアになって日数が経っている人が多いからです。
ヘルニアに鍼治療をすると、まず、痛みやしびれ等の症状がストッキングを脱ぐようにとれてきます。
しかし、アキレス腱反射や筋力等は時間がかかかるようです。

2012年9月17日 (月)

腰痛

慢性腰痛は慢性トウ痛の中でも多い疾患です。
2006年にペインクリニックの服部先生が日本薬理学会誌に出された文献で「日本における慢性トウ痛保有率」(変換候補がない(^^;))18300人を対象にアンケートをとり慢性トウ痛保有者は2455名いました。(13.4%)
2445名の中のトウ痛部位は、腰部60%と圧倒的に多い。
日本の人口に換算しますと1000万人は慢性腰痛になります。

腰痛は病名ではなく症状の総称です。
腰痛の原因は多くの場合特定できません。
医師の診察や画像検査で痛みの原因が特定できる腰痛を得意的腰痛といいます。
腰椎椎間板ヘルニア腰部脊柱管凶作症でそれぞれ4〜5%圧迫骨折が4%このほかブドウ球菌や結核菌などの感染による感染性脊椎炎や脊椎腫瘍や尿路結石や大動脈瘤など背骨いがいのものがあります。
これらを併せて15%これ以外の85%は様々な検査をしても特定できない非得意的腰痛です。
慢性的な腰痛や繰り返す腰痛のほとんどがこの非得意的腰痛です。
いわゆるぎっくり腰も厳密にどこの組織が傷ついたか診察でも画像検査でも断定できないため急性の非得意的腰痛に分類されます。

2010年2月 5日 (金)

殿圧

部位は殿部中央の外上方で、上後腸骨棘の外下縁と大腿骨大転子の内下縁を結んだ中央に取穴するようです。
坐骨神経痛の傍神経刺を行う経穴のようです。
傍神経刺は、坐骨神経の近傍の筋に刺針することで、筋内需容器からの刺激が視床下部に伝わり交感神経コリン作動性神経を介し
胎勢自律神経反射が起こり下肢筋の血流が改善するようです。
取穴部位や刺入方向を誤れば坐骨神経本管に直接神経刺となり避けなければならない。
殿圧の直下には、大殿筋と中殿筋が重なりその下に小殿筋があり梨状筋の上縁が接近しているという位置関係になります。
殿圧を取穴し垂直に刺針すればこれらの筋を刺激することになります。
殿圧の直下には坐骨神経は存在しませんので、神経刺とはなりません。
5mmでは、真皮層深部に脂肪層が豊かに存在し大殿筋幕、腰背腱膜がある。
筋腱幕を貫通し、筋膜表面を1~3腰神経後枝外側枝が上殿皮神経になる。
15mmとなると、筋膜下脂肪層を抜け大殿筋層となる。
上・中殿皮神経は、腰神経後枝からなり、下殿皮神経は仙骨神経前枝の仙骨神経叢からなる。
下殿神経は、梨状筋下口よりユーターンして、大殿筋内に分布しますが、上殿動静脈は大中小殿筋何れにも血管分布しています。
15mmでも筋膜に入っていない場合がありますので、筋膜貫通感覚を確認します。
25mmでは、筋間脂肪層に達し上殿皮神経の深層に上殿動静脈が存在します。
大殿筋を貫通して中殿筋に達します。
この筋の走行の方向はそれほど変わりませんが、筋の力は強いので太目の針を使用して切鍼事故を回避します。
35mmでは、中殿筋、小殿筋筋間層に達します。
上殿神経は、中小殿筋に分布しますが、下殿神経は大殿筋のみに分布します。
しかし、上殿動静脈、下殿動静脈は、大中小殿筋何れにも分布して、股関節付近では筋内においても関節周囲においても縦横に交差して吻合しています。
このあたりの殿筋間脂肪層は、血管や神経のみならず、中殿筋や大殿筋腱性部も被包するような腱鞘の役目を果たしています。
梨状筋症候群は、坐骨神経が梨状筋下口から出て殿部を下行していきますが、梨状筋の下を坐骨神経が通過するのでしたら絞扼症状は起こりにくいのです。
坐骨神経の総腓骨神経が梨状筋を貫通するものがありここで絞扼されるといわれています。
6割は坐骨神経は梨状筋下口から出て、残りは梨状筋を貫通し梨状筋上口から出るのもあるようです。
海外では12パーセントが梨状筋を貫通するという報告があるらしいです。
梨状筋症候群は、梨状筋中を貫通するという条件があり、梨状筋を激しく使う生活を送っていると発症すると思われます。
坐骨神経が梨状筋を貫通することなく普通の生活を送っていれば発症することはまれであまり遭遇する症例ではないようです。
大腸兪と電圧に20mm刺針したのと60mm刺針したのとでは優位差があるが、傍神経刺と神経管刺とでは優位さがなくリスクを伴いますので、傍神経刺針として神経刺針は回避します。

2009年2月17日 (火)

椎間関節と関連痛の位置

まず、脊柱のすぐきわの圧痛をみるのですが、関連痛も参考にして椎間関節の傷害の位置が把握できます。
第一腰椎ー第二腰椎
その付近の痛み。
第二腰椎ー第三腰椎
臀部、大腿外測。
第三腰椎ー第四腰椎
臀部外側、大腿外側
第四腰椎ー第五腰椎
臀部内側、大腿外側
第五腰椎ー第一仙椎
臀部全体、大腿外側

2008年3月28日 (金)

腹臥位での腰痛の検査

まず左右の腸骨稜の高さをみます。
ついで、上前腸骨棘とベットとの距離をみて骨盤の回旋をみます。
ついで、胸腰椎仙椎の前彎後弯側弯をみます。
そして、腹臥位でできる大腿神経伸展テストを行います。
膝関節を90度屈曲にし、股関節をゆっくり伸展させます。
この状態で大腿神経が伸展されて、痛みが誘発されるかどうかをみます。
陽性率はきわめて低く2~3パーセントといわれています。
上部腰椎での神経根症というのは臨床ではあまり見かけなくSLRやラセーグ兆候のほうが高頻度で陽性になります。
大腿神経伸展テストは、陰性で大腿前面の大腿直筋がひっぱられて伸展痛(ELY兆候)が陽性になる場合は多い。
腰部から腹部大腿内側にかけてのいたみもおきますが、これは腸腰筋の伸展痛です。
次に圧痛や細かな筋緊張をみていきます。
下部胸椎のところから一つ一つ棘突起を丁寧に触診して仙椎尾椎と下がっていきます。
第四腰椎と第五腰椎どの間、第五腰椎と第一仙椎の間が高頻度に所見が現れます。
第五腰椎と第一仙椎の間の椎間関節に問題がある場合にも、その上下の椎間関節に圧痛が検出されることが臨床で多いです。
圧迫骨折がある場合には叩打痛が参考になります。
叩打痛が出た場合には、手拳や打鍵椎等でいろいろ所見をとります。
悪性疾患、感染症なども考慮に入れます。
棘突起と脊柱起立筋の間のみぞの圧痛も一緒にみていきます。
典型的な椎間関節性腰痛の場合には、椎間関節総東部に圧痛が検出されますが、小さな筋肉の圧痛として検出されたりあるいは骨性要素によって圧痛が検出されることなどいろいろあります。
次に脊柱起立筋の内減りは背部の高い位置から緊張を見ていきます。
仙椎の両側のところで圧痛が検出されることがありますので仙骨部の下のほうまで触診をしていく必要があります。
次に脊柱起立筋の外縁のところですが、膀胱経の第二側線になりますけれども、触診します。
第三腰椎の棘突起の高さで、外方3寸のところで腸肋筋が外縁にあります。
そしてその深部には、腰方形筋という後腹壁筋があります。
12肋骨と腸骨稜を結んでいる筋肉で、そんなに厚い筋ではありませんが臨床的に重要です。
L3の外方腸肋筋の外縁腰方形筋部に圧痛硬いしこり硬結をよく触れます。
筋性腰痛の最も圧痛の検出されやすい部位です。
この部位は、脊髄神経の後枝外側枝がこの部位で絞扼されやすい部位でもあります。
L3の外方というのは、腰椎の横突起は他の横突起に比べて非常に大きいですのでそこについている小さな筋肉も障害されやすいです。
さらに腸骨稜に付くところも圧痛が検出されやすい場所です。
次に梨状筋は触診しにくいのですが、梨状筋相当部位に圧痛が出るし、中殿筋小殿筋という筋肉も触診する必要があるし、また、上後腸骨棘周囲の圧痛なども仙腸関節あるいはそれに関係する靭帯の圧痛部位として非常に重要です。
神経学的には、知覚の検査、腱反射筋力テスト、下肢の循環の問題等を確認し病態をはかるということになります。

2008年1月25日 (金)

腰痛性間歇性跛行

歩行時に見られる症状で、骨粗鬆症の腰痛を呈する患者さんに見られる症状の一つです。
これは歩き始めは痛くないのですけれども、長く歩いていると腰が痛くなってく歩けなくなり暫く休むと歩けるようになるというものです。
腰痛性間欠性跛行の定義といたしましては「一定時間以上の立位または歩行によって腰痛が出現する。安静時や体動時には痛みは生じない。腰のところが重くなる。あるいは締め付けられるといった鈍い痛みが主症状である。下肢の痛みはない。そしてこの腰痛は後屈により速やかに改善し歩行可能になる。」
腰痛性間欠性跛行は脊柱起立筋の筋内圧が高くなっているといわれています。
立位特に前屈位での筋内圧が高くなっていまして、これは脊柱部での脊柱起立筋の慢性のコンパートメント(絞扼性)で筋が絞扼されているということです。
骨粗鬆症の患者さんで、歩行時痛、腰痛性間欠性跛行によくみられるということで検討されています。
この骨粗鬆症の患者さんで診られる骨粗鬆症の診断は、骨塩量とかレントゲンで診断をします。
脊柱の変形は円背があるとか凹円背があるとかについてみていきます。
脊柱起立筋の機能低下としてみていきますが、この三つの中で骨粗鬆症があって脊柱の変形があるというかたで脊柱起立筋が低下しているという方は腰痛性間欠性跛行を呈しやすいといわれています。
また、骨粗鬆症があるけれども、脊柱の変形があっても起立筋の機能低下がなければ腰痛性間欠性跛行は起こらないといわれています。
また逆に、骨粗鬆症がなくて、脊柱の変形もなくて起立筋の機能低下がなければ腰痛性間欠性跛行は呈してこないといわれています。脊柱起立筋の機能の状態をみるのに、腹臥位状態そらしというものがありベットサイドで手軽に行えます。
患者さんをうつぶせにしまして、床の面から顎を挙げてもらい、床と顎の距離を測ります。(床顎間距離)
床顎間距離が10cm以内ですと腰痛性間欠性跛行が起こりやすい。

骨粗鬆症の慢性期の腰痛

骨粗鬆症の腰痛は、圧迫骨折等によりまして急性に発症いたします。
急性期の痛みは1から2ヶ月たちますと自然に寛解いたします。
日常生活がほとんどできるようになり、このころから慢性期の腰痛に移行してまいります。
慢性期の腰痛は骨粗鬆症特有の症状があるわけではなくこの症状から骨粗鬆症を判定することは難しいですが、骨粗鬆症に特徴的な腰痛は、まず一つに動作開始時に痛みがあるということです。
例えば長い間座ったシセイから立ち上がったりとか、腰をひねったりとかの動作で痛みが生じてきます。
二つ目としまして、立位の持続で痛みが生じ30分から40分で痛みが生じてきたりします。
三つ目としまして歩行時痛があります。歩き始めは痛くないのですけれども腰が痛くなって歩けなくなり暫くして歩けるようになる腰痛性間欠性跛行といいます。
四つ目としまして、前傾の姿勢をとった状態で仕事をしていると痛みが出てきます。
五つ目としまして重いものを持つ持ち続けることで痛みを生じます。
これらの症状を起こしてくる要因は、一つに筋や靭帯に問題があって痛みを生じてきます。
傍脊柱筋に問題があるとか、棘間靭帯が関与して痛みが起こってくるということです。
二つ目としては椎間関節です。
三つ目としては、脊髄神経後枝で脊柱の両側にある筋とか脊柱に分布している筋とかに枝を送ったり皮膚に枝を送ったりしています。
痛みの部位といたしましては、急性期と同じように四つの部位に生じてきます。
一つは脊柱部です。背中の後ろの真ん中を中心に起こってきます。
二つ目は、脊柱の両側で傍脊柱部に起こってきます。これは傍脊柱筋の疲労による筋肉痛といわれています。
三つ目としましては、体側部の痛みです。わき腹や側胸部あたりに痛みが起こるということです。脊髄神経後枝による痛みといわれていますけれども、消化器、呼吸器、循環器あるいは心臓などの内臓から来る痛みと鑑別する必要があります。内臓からのものですと安静時痛とか考えられますが、骨粗鬆症の場合はそういうものはありません。
四つ目としましては殿部の痛みがあるということです。殿部に起因する筋肉性のものと腰仙椎からの関連痛が考えられます。
これらの痛みの部位は骨折部位と痛みの部位が一致する場合と一致しない場合があり、日常生活の中で痛みの起こってくる部位に負荷がかかってきてそれが筋や靭帯や関節であったりそれがもとで神経を刺激したり一番負荷のかかりやすいところに痛みが生じてくるということになります。
そして、急性期におきた叩打痛はこの時期では見られません。
これらの腰痛の発症機序としては、圧迫骨折等が起こりますと脊椎の変形が見られます。円背、凹円背といったような変形が生じてきましてその変形によりまして筋とか靭帯関節とかに負担がかかりましてそれらのところで脊髄神経後枝が刺激を受けてそして痛みを生じてくるということになります。そしてこれらのところには、体表所見としまして筋の硬結や圧痛がみられ椎間関節部に圧痛がみられます。それから皮膚の知覚過敏などもみられることがあります。

2008年1月11日 (金)

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症というのは、神経性間欠性跛行を取り、骨性の脊柱管の狭小を基盤としまして馬尾神経や神経根の障害により症状を呈するものとされています。
狭窄症の概念が広く一般に受け入れられるようになったのは、1949年にバービストというかたが奇形や形成不全あるいは異常カーブを伴わない脊柱管の骨性狭小の3例を発表してからになります。
何年か前までは、脊柱管狭窄症というのは骨性の変化、器質性の変化がもとで症状が起きると言われていましたが、骨性の問題よりも軟部組織(筋肉や靭帯…)が脊柱管を狭くして症状を出現させているといわれているということです。
病院の保存療法としましては薬物、各種神経ブロック、装具療法などで治療しているということです。
高齢者では、合併症の為手術療法が困難なことから、このような保存療法は日増しに高まっているということです。
高齢者に限らず保存療法で症状が軽快することは本人にとっても施術者にとっても価値はおおきいということになるということです。
鍼灸手技療法も保存療法として用いられています。