フォト

ウェブ

無料ブログはココログ

カテゴリー「眼」の3件の投稿

2013年8月31日 (土)

T病院鍼灸部門での緑内障と鍼灸


T病院の鍼灸部門にかかっている女性34歳、結膜炎を起こしてステロイドの点眼をしたところ、ステロイド性緑内障(続発性開放隅角緑内障)となり、
緑内障による眼圧の上昇で30~40mmHgで眼窩周囲の痛みを訴えた。
レーザーや手術はリスクが高いため保存療法を継続担当医より鍼灸治療を勧められ点眼と鍼灸治療の併用でコントロールをT病院鍼灸部門で行った。

眼底の循環動態に影響を与え眼圧低下を認める文献もあり進行の防止現状維持のため点眼との併用を試みた。
治療部位は、文献等にある、こめかみのところにある太陽、四白、ゲカン、(これらは三叉神経顔面神経領域)
後頚部のつぼとして、天柱、風池、肩こりもあり肩井、肩外兪、
それから太陽小腸経のテンヨウより少し後ろのところ。(※1)
治療効果が出ましたので遠方で通院が難しく近隣の治療院にお願いしたそうです。

※1 眼の疾患、首から上の顔の疾患に、頸椎の2番3番の横突起の前にある上頚神経節(交感神経節)をT病院鍼灸部門では行っている。
頸椎の2番3番間の横突起の前に上頚神経節があり
乳様突起の直下に第二頸椎横突起があります。
患者さんには毎日もんでもらい、来院の際にはそこを施術している。

2007年6月 7日 (木)

視細胞の再生

理化学研究所と京都大学の研究チームは一度傷つくと修復が難しい目の網膜で光を感じる視細胞を効率よく再生する手法を開発しました。特定の酵素の働きを抑える化合物を投与すると視細胞ができることを動物実験で突き止めました。目の機能が回復するか確認する必要がありますが薬による治療法につながる可能性があります。

2007年1月27日 (土)

網膜に弱い電流を流し目の病気に

大阪大学の研究グループは緑内障患者を対象に視力の低下を押さえる独自手法の臨床応用を始めました。コンタクトレンズ型の装置を使って弱い電流を目の網膜に流し刺激します。緑内障の中でも治療が難しく日本人に比較的多い正常眼圧緑内障の進行を抑えるのに役立つとみています。二・三年後をめどに高度先進医療として広めたいそうです。既に神経が弱まる他の疾患で確認済みだそうです。